INTERVIEW

先輩インタビュー

資格取得支援制度もあり、スキルが身につけられる職場。

技術職

中島 政人 2015年入社(新卒)

Masato Nakashima

常に仲間と連絡を取りながら、協力して働ける仕事。

私は焼却施設での管理業務を行っています。焼却炉の温度管理や焼却で発生したガスの数値管理、廃棄物の追加投入を行うクレーン操作などを1班4人体制で行っています。常に1人が管理棟で監視役となり、現場にいるメンバーと無線でやりとりしながら、灰交換やメンテナンスの報告を受けたり、確認してほしい場所の指示を出したりしています。

焼却施設は数字管理が徹底されており、常に管理画面の数字が適正値を保っているかを確認しています。廃棄物の内容によっても数値が変わってくるため、数値の変動が見られた場合は、適正温度を保つためにバナーの火を調整したり、薬剤を投入して成分の調整を行います。
数値管理は重要な業務なのでプレッシャーを感じることもありますが、それだけ責任ある仕事を任されているというやりがいも感じています。

学生時代の知識も活かしながら、さらなる専門性の高い知識が身につく。

学生時代は環境安全工学を専攻しており、科学や物理、電気、機械工学などを幅広く勉強していました。ガスや科学的なものが関係する仕事なら、自分が学んできたものが役に立つのではないかと思い、入社を希望しました。
実際は専門性の高い内容のため、入社してから学ぶことがほとんどでしたが、学生時代に学んだガスや危険物に関する知識は役に立っていると感じます。

重機、フォークリフト、クレーンなどの免許は入社後に取得しました。免許や資格などの試験費用などは会社が負担してくれるなど、資格取得支援制度も整っています。今後はもっと勉強して、危険物の資格なども取得していきたいと思っています。

知識や経験を身につけ、任せられる人材になっていきたい。

仕事以外でも食事に行ったり、社員旅行の際は一緒に観光したりと、みんな仲がよく働きやすい環境だなと思います。

親切な先輩が多く、分からないことはしっかりと教えてくれます。業務の中で疑問があれば積極的に質問し、先輩に聞かなくても分かるように、少しでも早く知識や経験を身に付けていくことが目標です。

採用希望者に向けて一言

焼却施設は24時間稼働しているため、シフト制での勤務となります。夜勤などもあるため、体力があり、体調管理などがしっかりできる方に向いている仕事だと思います。常に班の仲間と連絡を取り合いながら仕事をするため、コミュニケーションの得意な方も大歓迎です。
もし数字が苦手でも覚えていけば大丈夫なので、ぜひ一緒に働きましょう。

社員3人の笑顔の写真

JOIN TKS!

私たちと一緒に
富山から
日本の未来を
変えたい人集まれ!

募集要項・エントリー